« 民家の甲子園 香川県大会に参加して | トップページ | 鳴門市ユニバーサルデザイン点検会に行ってきました »

2013年1月 2日 (水)

年頭に当たり

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、お世話になりました。本年も変わらず宜しくお願い申し上げます。

皆様、お健やかに初春をお迎えになられ、今年への希望など暖かいところでお考えのことと思います。

 昨年の末に阿倍政権になり、デフレ脱却への強い意志が強く感じられ、多いに期待している一人です。(ほんとうに期待してよいものか?でも、民主党よりは----。と言うのが本音かも。)

 安倍政権の考えの中でも気になるのは、エネルギー政策です。原発は、当面、安全性を見直し、使えるものは使い、代替えエネルギーの依存状況に注視しながら、徐々に廃炉して行くと思われます。

 色々な代替えエネルギーの中でも、太陽光発電の推進は避けては通れないと考えます。ただし、福島原発1基で発電できる電気を造るには、800万戸の屋根に太陽光発電システムを設置しないといけないと知り、途方もない数字に驚いた次第です。

 年間新設住宅の着工数が80万戸から90万戸(マンション等含む)の昨今、数値的には厳しいですが、高めに設定されている買い取り価格が現在42円の現在、これを維持して、太陽光発電を推進していく流れは止めないでほしいと考えています。

 難しいお話しはさておき、自然にやさしい古民家再生を今年もお勧めしてまいりますのでどうか宜しくお願い申し上げます。

  平成二十五年一月二日

|

« 民家の甲子園 香川県大会に参加して | トップページ | 鳴門市ユニバーサルデザイン点検会に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年頭に当たり:

« 民家の甲子園 香川県大会に参加して | トップページ | 鳴門市ユニバーサルデザイン点検会に行ってきました »