« 昨日の日本経済新聞で | トップページ | 耐震診断の勧め »

2011年9月30日 (金)

おひさま最終回とジェットコースター

  いよいよ、NHK連続ドラマおひさまが明日、最終回を迎えます。毎回の事ながら秋の番組終了は少し寂しいものです。中途半端な終わり方だけは勘弁してほしいです。欲を言わせていただければせめて、民家協会の主催で11月5日から6日まで開催される「民家フォーラム2011in信州」まで放送が続くとよかったのですが・・・。おひさまは終わりますが、安曇野はこれからも注目され、本当のおひさまがこれまでと同じくやさしく微笑み続けることでしょう。
 
  寂しいといえば、先日、友人とチャリンコで久々にロングライドに出かけました。帰り際に麻植の吉野川の南岸を走っていると吉野川遊園地ジェットコースターの解体現場が目に飛び込んできました。思わずチャリンコを止め、しばらくの間見入ってしまいました。県民なら、1度や2度はほとんどの方が利用されたであろう、思い出のスポットが消えようよしている。私は、無造作に解体される古民家と重なって見え何とか存続の道はなかったのだろうか?知恵は出し尽くしたのだろうかとか考え込んでしまいました。ただ救いは、医者の友人の話で分かった事ですが、麻植共同病院が移転し地域医療の拠点として生まれ変わるそうです。それなら、余地があれば親子連れ、孫たちと爺ちゃん、婆ちゃん共々、自然とふれあうことのできる公園なども隣接できれば、そこで「ここにあった吉野川遊園地へお弁当を持ってよく来たな」などの話ができれば遊園地から病院に変わっても古民家のように思い出は引き継がれるのではないでしょうか?

   Cimg0922_2

|

« 昨日の日本経済新聞で | トップページ | 耐震診断の勧め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひさま最終回とジェットコースター:

« 昨日の日本経済新聞で | トップページ | 耐震診断の勧め »